--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.18

第2回 欧州Footballの旅(2008)

第1回を決行したあと、またいつかは・・・
と思ってましたが、転職するために会社を辞めたタイミングで第2回を行いました。

一人旅で、
ANAでロンドンin→フランクフルト。
貯まりに貯まったANAのマイルをフランクフルト基点に
スタアラの特典航空券で25000mile分でスペイン往復し、
フランクフルトに戻り、ANAで帰国という約20日間の旅程となりました。

サッカー以外にも、スペインを時間かけて周ってみたかったので。
アルハンブラとか。

旅行中サッカーを観たのは、
Tottenham - Middlesborough
プレミアリーグ トッテナム-ミドルズブラ @ホワイトハートレーン
Chelsea - Wigan
プレミアリーグ チェルシー-ウィガン @スタンフォードブリッジ
Villarreal - Valladolid
リーガエスパニョーラ ビジャレアル-バリャドリー @エル・マドリガル
Barcelona - Manchester United
UEFAチャンピオンズリーグ バルセロナ-マンチェスター・ユナイテッド @カンプノウ
Deportivo - Barcelona
リーガエスパニョーラ デポルティボ・ラコルーニャ-バルセロナ @リアソール

今回はお金が全くないというわけではないけど、
旅行会社だとか、チケット代行屋さん(とくに現地の日本の人)を通して、
「んもぉー、やってらんないよ!」ってくらいお金がかかっちゃうのは、
バカバカしくてそれこそやってらんないので、
基本的に公式ルートから定価で購入
にこだわりました。

今回は静かに旅をしたいので、宿は極力ドミは避け、
ロンドンでは1泊£30のB&B、スペインは1泊30EuroのHostalとかを目指して。

今回、入国した国(トランジットで1泊も含む)は、
イギリス
スペイン
ドイツ

■ 目次
4月11日 出発、イギリス入国(ANA)
4月12日 エミレーツスタジアム ツアー参加
4月12日 プレミアリーグ トットナム-ミドルズブラ @ホワイトハートレーン
4月13日 スタンフォードブリッジ ツアー参加
4月13日 コベントガーデンのマーケットとケンジントン・ハイ・ストリート
4月14日 ハイドパークを散歩
4月14日 V&Aとテート・モダン
4月14日 プレミアリーグ チェルシー-ウィガン @スタンフォードブリッジ
4月15日 ロンドン→フランクフルト→バルセロナ(Lufthansa)
4月16日 サンタ・カタリーナ市場とピカソ美術館
4月16日 バルセロナ→グラナダ(Vueling)
番外編 アルハンブラ宮殿の予約
4月17日 アルハンブラのチケットとグラナダ市内
4月17日 アルハンブラ宮殿
4月17日 アルバイシン地区
4月17日 グラナダ→バレンシア(ALSA Autobus)
4月18日 ヴィジャレアルの練習見学
4月18日 バレンシアの宿探し
4月19日 メスタージャとマノロさんの店
4月19日 ミゲレテの塔とラ・ロンハ
4月20日 リーガエスパニョーラ ビジャレアル-バリャドリー @エル・マドリガル
4月21日 バレンシア→バルセロナ(Renfe Euromed)
4月21日 カンプノウ スタジアムツアー参加
4月22日 並んだけどチケット買えなかったので、フィゲラスのダリ美術館へ
4月23日 郵便局と安くて美味いレストラン
4月23日 ミロ美術館とオリンピックスタジアム
4月23日 UEFAチャンピオンズリーグ バルセロナ-マンチェスター・ユナイテッド @カンプノウ
4月24日 バルセロナ→マドリード(Renfe AVE) New!!
4月24日 プラドと国立ソフィア王妃芸術センター New!!
4月25日 サンチャゴ・ベルナベウ スタジアムツアー参加 New!!
4月25日 ティッサン・ボルネミッサ美術館と本場のチュロス New!!
4月26日 マドリード→ラ・コルーニャ(EasyJet) New!!
4月26日 ラ・コルーニャ市内 New!!
4月26日 デポルティボ・ラコルーニャ-FCバルセロナ @リアソール 
4月27日 エルクレスの塔 New!!
4月28日 ラ・コルーニャ→マドリード→フランクフルト(Spanair) New!!
4月29日 バート・ホンブルクの温泉に入って帰国(ANA) New!!


基本的に旅行中につけてるモレスキンの手帳の日記原文をそのまま使用してますが、
帰国後のテンションとのギャップがみられるため、若干の加筆もあります。
けっこう加筆しちゃってます。



スポンサーサイト
2008.04.29

バート・ホンブルクの温泉に入って帰国(ANA)

宿の朝食がビュッフェスタイルでなかなかよかった。
チェックアウト寸前にトイレに行こうとしたら、フロアで唯一のバス・トイレで、シャワー浴びてる人がいたので、駅のトイレに急ぐ。

今日は夜の東京行きの飛行機まで時間があるので、フランクフルトから簡単にいける温泉に行くことにした。

その前に、中央駅のコインロッカー(1日2.00Euros)に荷物を入れて、ひとまず街を散歩する。
.jpg
.jpg

マイン川沿いを歩く。
まだ風が冷たい。
フランクフルトは欧州の金融の中心で、高層ビルが立ち並んでいる。
けど、量的には新宿一つ分ぐらいしかないのがわかる。

歩いて時間も潰せたので、フランクフルト近郊の北側にある温泉保養地Bad Homburg(バート・ホンブルグ)へ。
S-BahnでもU-Bahnでも行けるけど、U-Bahnで行くことにする。
街から30分弱、片道3.60Eurosだ。
フランクフルトもちょっと外に出ると草原と森が広がっている。
さすがドイツ。
U-Bahnでは、S-Bahnの駅とは違う場所に着いた。
.jpg
.jpg
.jpg

ここBad Homburg(バート・ホンブルグ)は、ヴィルヘルム1世が夏の館として利用していた保養地であり、現在はフランクフルトに通うお金持ちが住む高級住宅街だそうです。
街の中心にクアパークなる大きな公園があって、その中に立派な建物の温泉施設がありました。
2時間で25Eurosと高いけど、リラックスできた。
ハーブっぽいサウナとか、風呂、温水プールも何種類もあってよかった。
本当はバーデン・バーデンとかに行きたいけど時間が無い人には、ここがオススメ。
今回のように帰国前に温泉入っておいたら、帰りの飛行機も帰国直後も随分と楽でした。
あと、こっちの温泉は混浴ばっからしいけど、恥ずかしいので敢えて水着着用の場所を選んだのはいうまでもなく。
さすがに平日昼間なので5,6人しか客もいなくて空いててよかった。

Kur-Royal Bad Homburg(クア・ロイヤル)
入場料は25.00Euros(2時間まで、延長は追加料金1時間につき8.0Euros)
location:Kaiser-Wilhelms-Bad im Kurpark 61348 Bad Homburg v. d. Höhe
access:Bad Homburg(バート・ホンブルク)駅下車徒歩10分
web:Kur-Royal Bad Homburg

大きな地図で見る

戻りはS-bahnに乗った。
中央駅で荷物を持って、空港へ。
いよいよ帰国。
フランクフルト空港のANAのカウンターに人がいなくて、隣のビジネスのカウンターでチェックイン。
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg

ANA NH210便 フランクフルト 20:45→東京(成田)14:50 (+1日)

日本に帰ってきちゃった。
成田に帰ってきたけど、成田空港って何でHSBCのロゴばかり描かれてるのか!?
HSBCは、香港上海銀行ですよ。

新宿によって先輩にお土産わたして実家へ帰って終了。
いい旅でした。



2008.04.28

ラ・コルーニャ→マドリード→フランクフルト(Spanair)

今日から帰途につきます。
飛行機が取れなかったんでフランクフルトに1泊することになりましたが。
だんだん寂しくなってきた。
荷物をまとめて、宿をチェックアウト。
昨日も行ったカフェで新聞を見ながら朝食。

.jpg
.jpg
.jpg

マリーナ大通りにあるCasino(カジノ)のバス停で空港行きのバスに乗る。
9時半には空港に到着。
チェックイン。
飛行機を待つが、晴れたり激しく雨が降ったりとよくわからない天気だ。

A Coruña Airport
web:A Coruña Airport

大きな地図で見る

.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg

Spanair JK6062便
ラ・コルーニャ 11:20 → マドリード(バラハス2)12:30
スターアライアンス特典航空券 (復路分)

ラ・コルーニャを離陸するとき、今まで経験したことのないような急角度で上昇したので怖かった。
スパンエアーはSAS系列らしく、ドリンクの類は有料でした。
着陸間際に飴が出た。
マドリードへは定刻どおりの到着。

Madrid Barajas International Airport
web:Madrid Barajas International Airport

大きな地図で見る

.jpg
.jpg
.jpg

Spanair JK117便
マドリード(バラハス2) 13:45 → フランクフルト 16:25
スターアライアンス特典航空券 (復路分)

乗り継ぐ飛行機もスパンエアー。
出発時刻を過ぎてからようやく搭乗開始。
しかも中が詰まると入口で止めて乗せているため、ものすごい時間がかかった。
あれは何だったんだろう?
1時間遅れて離陸。
でも到着は定刻。
欧州内でも距離が長いからか今度はサンドイッチとドリンクが出た。
気持ちよく寝ていたら、飴を配られて起こされた。

Frankfurt Airport
web:Airport Guide(日本語)

大きな地図で見る


フランクフルトの空港からはS-Bahn(エスバーン)で中央駅へ。
途中、Studion(スタディオン)という駅があり、稲本のプレーするフランクフルトのホームスタジアムが見えた。
空港から3駅で中央駅に到着。
街が近い。

中央駅の案内所で、予約してたホテルの場所を聞いた。
徒歩3分ぐらいと近かった。

.jpg
.jpg
.jpg

Adler Hotel Frankfurt
シングル(バス・トイレ共同、テレビ付き)1泊35Euros
location:Niddastraße 65 · 60329 Frankfurt am Main
web:Adler Hotel Frankfurt

大きな地図で見る

駅からの近さ、部屋のきれいさを考えると、これで35Eurosは安い!
なんと衛星放送も見れたので、ビール飲みながら週末の各国リーグのハイライトを見ながら就寝。



2008.04.27

エルクレスの塔

今日で、まったりとスペインに滞在していられるのも最後になってしまった。
昨日は初夏みたいな陽気だったので、今日も暑くなったら浜辺で過ごそうかと思ったけれど、残念ながら曇りで涼しい。

9時くらいに外に出ると、日曜なので店がまったく開いていない。
やっと開いているカフェを見つけて入る。
新聞を読みながら朝食。
昨日の試合が1面にきてて、「デポルがバルサBを倒した!」的な大見出し。

朝食を済ませて、散歩がてら半島の先端にあるエルクレスの塔を目指す。
旧市街から海岸沿いを歩いて30分ほどかかった。

.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg

エルクレスの塔が建てられたのは、なんと2世紀。
ローマ人が建てた現存する世界最古の灯台。
今の外見は1700年代に上部が増築されたものです。
まず下の入口から中に入ると、灯台の基礎の部分が見える。
これがローマ人が2世紀に作ったもののようだが、かなりしっかりとしている。
そして階段を上って上って頂上へ。
目の前には大西洋が広がっている。
後方にはラ・コルーニャの街のある半島が見える。
ラ・コルーニャ港は、かつて無敵艦隊が大英帝国に向けて出港した港。
そしてさらに後方にはリアス式海岸が広がる。
昔、社会科で習ったリアス式海岸のリアスはガリシア地方のガリシアからきているのだ。ここが本場だ。
生まれて初めて見る大西洋をじーっと見ていると、吸い込まれてしまいそうだった。
いい景色だった。

Torre de Hércules(エルクレスの塔)
入場料は2.00Euros
location:Av. de Navarra, s/n
access:マリア・ピタ広場から3番のバスで15分、歩いたら30分ぐらい
web:Torre de Hércules

大きな地図で見る


海沿いを歩いて戻る。
途中、ファミレスっぽい所に入って昼食。
あとは散策しながら土産物なんかを探したり、海岸で読書をして過ごした。
港には清水のドリプラみたいな映画館とかも入った商業施設があった。
物価はバルセロナよりもマドリードよりも安かった。
無くなったので買った怪しい歯磨き粉は、かなり怪しい味だった。



2008.04.26

'07-'08 Liga Espanola 第34節 Deportivo La Coruña - FC Barcelona

'07-'08 リーガエスパニョーラ 第34節 デポルティボ・ラコルーニャ 2-0 FCバルセロナ
@リアソール(ラ・コルーニャ) 4月26日(土)20:00KickOff

.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg
.jpg

感想など
ラ・コルーニャに到着し、予約しておいた宿にチェックインし、港を散策し、
半島の反対側のビーチの方に行ってみる。
海岸沿いに出ると、日差しがまぶしい。
温度計は21℃を表示しているが、海岸は軽く海水浴モードに入っている感じだ。
欧の女性はなぜにトップレスなのか、それは別として、
海に向かって左には、目指すスタジアムが見える。
向かって左にはラ・コルーニャにやってきたビジターチームが必ず泊まるというHotelMariaPitaに、バルサのバスが停まっていて、人だかりができていた。
最初、ここに泊まってサインとか写真とかもらおうかとも思ったけど、もともと高級ホテルな上、試合前後はレートが上がるのでやめた。
ここで出待ちをしようかとも思ったが、スタジアムで待つことにした。
ゆっくり海岸を歩くと、目指すスタジアムがだんだん大きく見えてくる。
海岸沿いは、港の方から半島をぐるっと周る感じで観光客用の路面電車も走っていて、これに乗って行くのもいいかもしれない。
スタジアムに着き、チケットを受取って、スタジアムを1周してみる。
思ったよりボロいが、いい味を出している。
バルで時間を潰して、選手の入りを待つ。
18:30ぐらいに、先にバルサがものすごいブーイングの中到着。
そして続いてデポルが、歓声の中到着。
この騒ぎが落ち着いてから、18:45くらいにスタジアムが開場になり、入場した。
これまでの経験上、スペインて客の入りがやたら遅い感じがしてたけど、ここは結構Jリーグみたいな感じで早めにたくさん入っている。
19:30ぐらいになって選手がアップ開始。
その前に19:00ぐらいに一度デコが外に出てきちゃって、スタンドはパニックになっていたが。
そして、We Will Rock Youがかかってから選手入場。
バルサはCLの合間だから選手を半分以上温存してきた。
GKもピントだし。デコはベンチだけど、ライカールト的には使わずに済めば・・・。という感じでしょう。

試合は、前半早々はバルサが攻めたが、少し時間が経過して落ち着くと、デポルのペースで進んだ。
ボージャンの惜しいシュートなどもあったが、デポルの方が決定機が多かった。
シュートで終わろうという意識が高いし、中盤より前からのチェックがいい。
途中スタジアムの上から霧が降りてきて、ただならぬ雰囲気になってきた。
何かが起こるような。
なんとかバルサが凌いで0-0で前半終了。
後半に入ると、よりデポルが良くなってきて、一方的にバルサを攻め立てる。
バルサのやりたいようなポゼッションサッカーをデポルがやっている。
そして、セットプレーから遂に均衡が破れファン・ロドリゲスのゴールでデポルが先制。
ますますデポルがいい流れで回す。
バルサは慌ててデコを投入。
しかし流れは変わらない。
そして、デポルに2点目が入る。
左からのFKをファーでドフリーになったパブロ・アモがヘディングで叩きこんだ。
焦るバルサに対し、メインスタンドまで含んでスタジアム全体が熱狂的になってくる。
ついにはウェーブまで始まった。
まるでW杯のようだ。
試合はそのまま2-0でデポルの勝利。これで5連勝。
スタンディング・オベーション。
バルサは後半最後に苛立ちからか無駄なイエローをもらいすぎ。
帰り際に、隣の席に座ってたデポルのソシオの親父さんが、「Muy bien Depor !!」と握手を求めてきた。
「Muy bien Deportivo !!」と返し、固い握手を交わした。
他にもいろいろ話してくれたが、残念ながらよくわからなかった・・・。

帰りは霧の中、海岸沿いを歩いて帰った。
浜辺の道も霧が深くて、なかなかいい感じだ。
昼間暑かったのでサンダル履いてきてたんだけど、試合中霧が下りてくる度に気温が下がって、最後は肌寒かった。

リアソールというスタジアムも、その歴史からリアソール劇場と呼ばれるとおり、何かが起こりそうな気はしていたが、今日もバルサを喰った。
先日、レアルも喰われたばかりだ。
海からの霧が何度も上からピッチに下りてくるのは、まるで特殊効果のようだった。
劇場のドライアイスのような、すばらしい演出だった。

旧市街は夜中までお祭り騒ぎ。
入ったバルでトルティージャとワインを飲んで、バルのオッサンとよくわからないが会話を交わし、宿に戻った。

翌日の新聞には、デポルがバルサBに勝った!みたいな記事が載ってた。

Members
デポルティボ
GK:1アヴァテ
DF:2パブロ、3フィリペ、4ロポ、5コロッチーニ、24パブロ・アモ
MF:6デ・グズマン、14ウィルヘルムソン→20クリスティアン(83min)、17ラフィタ→10ベルドゥ(85min)、22ファン・ロドリゲス
FW:23シスコ→11イバン・リキ(73min)
バルセロナ
GK:13ピント
DF:5プジョル、11ザンブロッタ→15エジミウソン(69min)、16シウヴィーニョ、21テュラム
MF:4マルケス、7グジョンセン、24ヤヤ・トゥレ→20デコ(57min)
FW:14アンリ、17ドス・サントス→18エスケロ(77min)、27ボージャン・クルキッチ

得点:2-0
デポルティボ:59min ファン・ロドリゲス、76min パブロ・アモ

警告
デポルティボ:ラフィタ
バルセロナ:シウヴィーニョ、マルケス、エジミウソン、デコ

公式レポ
http://www.canaldeportivo.com/servlet/es.iris.servlets.Partido?pid=43118

Riazor
location:Manuel Murgia s/n, 15011 A Coruña
opened:1944
capacity:34611
web:http://www.canaldeportivo.com/club/estadio/

大きな地図で見る

Access:
ラ・コルーニャはスペインの最北西部、大西洋に面した所にあります。
スペイン語表記はLa Coruñaですが現地のガリシア語だとA Coruña(両方ともnの上に~が付きますが)。
列車だと、マドリードからのTalgoが昼間1本、夜行1本の2本しかありません。
昼間のTalgoも14時ぐらいにマドリーのチャマルティン駅を出て、22時ぐらいにラ・コルーニャ着なので、試合当日入りする場合は有効な手段とはいえません。
今回はマドリードから空路で向かいました。
スペイン国内の移動は飛行機が安くて速いのでオススメです。
ラ・コルーニャ空港から市街へはバス(1.20Euro)で30分もかかりません。
駅だとかバスターミナルは新市街にあるけど、サッカー観戦だけでなく普通に観光の場合、宿は旧市街に取った方がいいと思います。見所は旧市街から徒歩圏内なので。
港にも旧市街の中心であるマリアピタ広場にも、があるので地図もらうとよいでしょう。
スタジアムへは旧市街から徒歩で行く。港の反対側のオルサン海岸、リアソール海岸沿いに出れば、スタジアムが見えてきます。
旧市街からだと15分も歩けば到着します。
また、観光用客用の市電も走ってて終点で降りればスタジアムの目の前だし、バスもあるようです。

Ticket:
.jpg
.jpg
3月中旬に公式サイトで売ってた(レアル戦とバルサ戦のみ販売してたっぽい)のでクレジットカード番号を入力して購入。
直前1週間にチケットが販売されるリーガなのに、ここは前売り!?
予約確認メールなど一切来なくて心配したが、焼いておいた予約確定画面をチケット売り場持って行って、クレジットカードとパスポートを提示してゲット。
リーガでは珍しく、チケットに日時入り。
席は見やすいメインスタンドの5列目。
65.00Euros+手数料£0.90
当日券が出てたのか、ダフ屋がいたのかなどは不明。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。